【監修】マイブレイクレッドスムージーを管理栄養士が大解剖! » まだまだある!ダイエットを助けるマイブレイクレッドスムージーの成分を紹介 » カルシウムのダイエット効果

カルシウムのダイエット効果

ここではカルシウムのダイエットに与える影響や成分、1日あたりの必要摂取量についてまとめています。

ダイエット効果:カルシウムが脂肪吸収を抑える

カルシウムが骨格や歯の形成だけではなく、ダイエットにも影響があります。これには、血液中に含まれているカルシウムの濃度が関係しています。血液中のカルシウム濃度が下がると、不足しているカルシウムを補おうと脂肪細胞がその中にカルシウムを溜め込みます。脂肪細胞に溜められたカルシウムは、脂肪を合成する酵素を活性化させる作用があり、体脂肪を増加させてしまうのです。そうならないために、血中のカルシウム濃度を下げないようにしましょう。

また、カルシウムには脂肪の吸収に関係している胆汁酸と結合して、腸から脂質が吸収されるのを抑える働きがあります。カルシウムが不足していると、食事から摂取した脂質が腸でどんどん体内に吸収されてしまうのです。

マイブレイクレッドスムージーはそんなカルシウムをたくさん含んだダイエットドリンクですが、牛乳に溶かして飲むことでさらに多くのカルシウムを摂ることができます。

カルシウムは、骨格の形成にも重要な必須ミネラル

カルシウムは、昔から牛乳を飲んで育ってきた私たちにとって、もっとも身近な必須ミネラルの1つです。育ち盛りのお子さんに必要なことはもちろん、骨がもろくなりやすいお年寄り、骨の細い女性にも不可欠な成分です。カルシウムには骨や歯を作る材料となる役割の他に、ストレスを感じやすい方のイライラを押さえる鎮静作用や、血液をアルカリ性に変える作用など、さまざまな働きがあるのです。

カルシウムは、たんぱく質を多く摂取していると、たんぱく質と結合して腎臓から排出されてしまう傾向があります。糖質制限をしてたんぱく質を多めに摂っている方は、カルシウムが不足している場合があるので注意が必要です。カルシウムは牛乳やヨーグルトなどの乳製品、小魚、海藻、野菜など、さまざまな食品から摂取するように心がけると良いでしょう。

カルシウムの摂取量:1日に650㎎

成人女性が摂取すべきカルシウムの量は1日に約650㎎とされています。現代女性は、平均して500㎎以下しか摂取していないとも言われるので、意識してカルシウムを摂るべきです。

では、どのような食品からカルシウムを摂るとよいのでしょうか。代表的なのはやはり牛乳で、200mlで220㎎のカルシウムが摂取できます。1日に200mlの牛乳を3本飲むことで摂取すべきカルシウム量を満たすことができますが、牛乳が嫌いな方やアレルギーがある方などは難しいかもしれませんね。大豆や小松菜、ワカメなどにもカルシウムは含まれていますが、こちらも1日に大量に摂取するのは簡単なことではありません。

カルシウム不足を補うためにサプリメントを利用する人もいるかと思いますが、マイブレイクレッドスムージーなどのカルシウムも摂取できるダイエットドリンクを飲むのも有効でしょう。マイブレイクレッドスムージーの場合は、牛乳やヨーグルトに混ぜればさらにカルシウムを摂れるので、カルシウム不足を気にしている方には特におすすめです。

マイブレイクレッドスムージー公式サイト