【監修】マイブレイクレッドスムージーを管理栄養士が大解剖! » まだまだある!ダイエットを助けるマイブレイクレッドスムージーの成分を紹介 » 鉄分のダイエット効果

鉄分のダイエット効果

ここでは鉄分のダイエット効果を始め、適切な摂取量やどのような成分かを詳細に紹介しています。

ダイエット効果:鉄分が基礎代謝の維持と、脂肪の分解をサポート

鉄分不足は貧血の原因となることは知られていますが、鉄が不足すると痩せにくくなることはあまり知られていません。これは、鉄分が血液中のヘモグロビンの主成分となっていることに関係しています。血流にのって全身へ酸素を運ぶ役割を担っているヘモグロビンが、鉄不足によって減ってしまうと、体の細胞へ酸素が行きわたらなくなってしまい、基礎代謝が落ちてしまうのです。

基礎代謝が低下するということは、カロリー消費が落ちてしまうことを意味していますので、それだけ痩せにくくなってしまうというわけです。また、脂肪分解酵素のリパーゼは、酸素が不足すると活動が制限されるため、鉄不足が脂肪の分解にも関係していると考えられます。鉄分は血流の良し悪しを左右する成分なので、不足してしまうと全身に影響を与えてしまうのです。

マイブレイクレッドスムージーであれば、鉄分の豊富なアサイーやトマトなどの成分が含まれているので、鉄分を強化した牛乳などに溶かして飲むことで、十分な鉄分を摂取することができます。

鉄分は脂肪燃焼に必要な成分、女性は不足しがち

鉄分は、基礎代謝の維持と脂肪の燃焼に欠かせない成分ですが、女性の場合、毎月の月経で経血として排出されてしまうため、鉄分は不足しがちになる成分です。鉄分は主に肉や魚などに含まれる「ヘム鉄」と植物性の食材に含まれている「非ヘム鉄」とに分かれますが、動物性のヘム鉄の方が体へ吸収されやすく、植物性の非ヘム鉄の吸収は少々低めです。

最近は、食生活の乱れから鉄分が不足するケースが多く、どちらの鉄も、積極的に摂取する必要があります。鉄が不足すると、貧血やめまい、イライラ、集中力の低下などを起こす原因となってしまうからです。

鉄分の摂取量:1日に10.5㎎

毎月の月経がある成人女性の場合、摂取すべき鉄分量は1日に10.5㎎と言われています。鉄は摂取しすぎるのも悪影響が出るので、およそ10~40㎎の間で摂取すると良いとされています。

しかし、10㎎の鉄分を毎日食事から摂ると考えると、なかなか難しいもの。例えば、鉄分が多く含まれているとされる豚レバーでも、10mgの鉄分を取るのに85g必要です。さらにほうれん草なら550g!食事だけで摂取量を充足させるのは難しいでしょう。

鉄不足の改善のために、サプリメントなどを利用するのも一つの方法ですが、食事代わりにもなるマイブレイクレッドスムージーであれば、アサイーやトマトの成分として鉄分が含まれるので、その他の栄養素と一緒に、無理なく鉄分を摂取することができます。特に植物由来の非ヘム鉄は吸収率が低いのですが、ビタミンCと一緒に摂ると吸収率が上がると言われていますので、ビタミンが含まれているマイブレイクレッドスムージーで積極的に取り入れていきましょう。

マイブレイクレッドスムージー公式サイト