【監修】マイブレイクレッドスムージーを管理栄養士が大解剖! » まだまだある!ダイエットを助けるマイブレイクレッドスムージーの成分を紹介 » リコピンのダイエット効果

リコピンのダイエット効果

ここではリコピンのダイエット効果や成分、摂取量について詳細にまとめています。

ダイエット効果:リコピンが脂肪の蓄積を抑制

アンチエイジングに有効と言われるリコピンは、実はダイエットにおいても高い効果を発揮してくれる成分です。リコピンは血液中で抗酸化作用を発揮し、悪玉コレステロールの酸化を抑えるので、ドロドロの血をサラサラに変えてくれる効果があります。血液がサラサラになることで、血流が促進され、全身の代謝がアップすることになるのです。新陳代謝が高まれば、細胞でのカロリー消費や脂肪燃焼量もアップするので、痩せやすい体へと変えてくれるわけです。

さらにリコピンは、体に脂肪を蓄える脂肪細胞の働きを抑制する作用があることも分かっています。脂肪の蓄積を阻害し、脂肪燃焼を促進するリコピンは、ダイエッターの強い味方と言えます。

ちなみに、リコピンは、トマトやピンクグレープフルーツ、スイカ、グアバなどの赤い色素を持つ植物に多く含まれています。これらの野菜や果物で、リコピンを摂取するのが難しい場合は、マイブレイクレッドスムージーがオススメです。豊富なリコピンに加え、ダイエットや美容に有効な、他の成分も摂ることができます。

リコピンの抗酸化成分で美肌と若返り

トマトに含まれているリコピンは、健康作用が話題になったこともありますから、すでに名前をご存知の人も多いことでしょう。リコピンはトマトの赤い色素の成分で、強い抗酸化力を持っています。活性酸素を分解する能力は、βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍も強いとされていますし、紫外線から肌を守る作用なども持っています。体内の細胞の老化を防ぎ、紫外線による肌の劣化、シワの予防などにも効果が期待できますので美容にとって欠かせない成分と言えます。さらに、活性酸素を分解する作用によって血流を促進し、認知症予防や脳卒中の予防にも役立つと言われており、リコピンの抗酸化パワーは美容だけには留まりません。

リコピンの摂取量:1日に15㎎

リコピンの摂取目安量は1日15㎎程度と言われています。この摂取量は、大きいサイズのトマト2個分相当ですが、150mlのトマトジュースだと1缶分で充当できます。リコピンは加熱してもほとんど壊れないので、トマトジュースやトマト缶のような加工品や、調理したトマトの方が効率よくたくさんの量を摂取できます。リコピンは脂溶性の成分なので、トマトソースなどのように油と一緒に加熱調理したものの方が、体への吸収率が高まってより効果的です。

マイブレイクレッドスムージー公式サイト