【監修】マイブレイクレッドスムージーを管理栄養士が大解剖! » まだまだある!ダイエットを助けるマイブレイクレッドスムージーの成分を紹介 » カリウムのダイエット効果

カリウムのダイエット効果

このページでは、カリウムがダイエットに与える影響や成分の効果、適切な摂取量についてまとめています。

ダイエット効果:カリウムが代謝を向上させて脂肪燃焼効果アップ

カリウムには、体内の水分調整作用があり、ダイエットにも関係しています。体内の不要物と余った水分を尿にして排出する、利尿作用があるのです。この働きは、老廃物の排出や、むくみの解消に効果的で、血流やリンパの流れを促す効果も期待できます。血流やリンパの流れが良くなると、代謝が上って脂肪燃焼効果もアップ。痩せやすい体へと導いてくれるわけです。

さらに、体内に溜まった水分や老廃物を原因とするむくみは、皮下脂肪に老廃物を溜め込むことにつながり、固まってしまうといわゆるセルライトを形成します。太ももやお尻などに溜まったセルライトは落とすことが難しいので、カリウムを摂取して、むくみをこまめに解消し、できにくくすることが大切です。

マイブレイクレッドスムージーには、カリウムを豊富に含む、トマトやニンジンの栄養素がたくさん含んでいるので、カリウム摂取に最適な方法と言えるでしょう。

カリウムは血圧や体内の水分量を調整する重要な成分

カリウムという名前はよく聞くけれど、具体的にどのような成分であるかは知らない方が多いかもしれません。カリウムは、ホウレン草やアボカドなどの野菜や果物に多く含まれているミネラルのひとつです。

少し難しい話になるのですが、カリウムは細胞内を満たしている内液の陽イオンである電解質で、細胞外液の陽イオンであるナトリウムとバランスを取りながら血圧などを正常に保つ働きをしています。例えば、塩分を摂りすぎると血圧が上がりますが、増えすぎたナトリウムとバランスを取るようにカリウムを多く摂取すると、ナトリウムが排出されて血圧を下げることができます。このように、カリウムは血圧や体内の水分を調整する重要な働きを担っているミネラルなのです。

カリウムの摂取量:1日に2,000㎎

厚生労働省が示している摂取基準量を参考にすると、成人女性が摂取すべきカリウムの目安量は1日に2,000㎎とされています。これは、塩分の摂取量がどうしても多くなってしまう成人が、ナトリウムを排出して高血圧を予防するために考えられた摂取量です。

カリウムは葉物野菜や海藻などに多く含まれていて、特にパセリには100g中1,000㎎、ヨモギには890㎎も含まれています。しかし、パセリやヨモギを大量に食べることは難しいので、ほうれん草や納豆、昆布などをバランスよく食べて、カリウムを摂取することが大切です。納豆や葉物を使ったみそ汁など、昔ながらの和食は、カリウム摂取の点から見ても、理にかなっていると言えます。

マイブレイクレッドスムージー公式サイト