【監修】マイブレイクレッドスムージーを管理栄養士が大解剖! » まだまだある!ダイエットを助けるマイブレイクレッドスムージーの成分を紹介 » ビタミンのダイエット効果

ビタミンのダイエット効果

ここではビタミンによるダイエット効果や有効な成分、1日あたりの摂取量についてご案内しています。

ダイエット効果:ビタミンEの抗酸化作用で代謝をアップ

13種類のビタミンの中でも、特にダイエット効果が高いのはビタミンEです。ビタミンEと言えば、高い抗酸化作用があるアンチエイジングのためのビタミンとして知られています。体内の細胞を活性酸素から守り、老化を防ぐ働きがあるのですが、全身の血管においても同じ作用をしてくれるので、毛細血管を広げたり、血管の老化を防いで血流を促したりする効果があります。

血流が促進されると、冷え性やむくみ、便秘の改善にもなりますし、代謝が高まりカロリーの消費量もアップします。ビタミンEによって血管の老化を防ぎ、血流が良くなることでダイエットにもつながっていくわけです。

マイブレイクレッドスムージーの場合、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB2・ビタミンA・ビタミンD・ビタミンB12などの各種ビタミンをたっぷり含んでいるので、食事として取り入れるだけで、十分なビタミン量を摂取することができます。

ビタミンは美容や健康に不可欠な成分

ビタミンCやビタミンEなど、美容や健康のために必要とされるビタミンの名前はよく聞きますが、美容や健康に対して、それぞれのビタミンがどのような作用を持っているのか具体的には知られていないかもしれません。ビタミンは、アセロラやイチゴなどのフルーツ、ニンジンやキャベツなどの野菜のほかにも、肉や魚、大豆やナッツなどにも含まれています。

体に必要とされているのは13種類のビタミンで、水溶性ビタミン脂溶性ビタミンに分けられます。

ビタミンCやビタミンB群などに代表される水溶性ビタミンは、摂取してもすぐに消費されたり排泄されたりして、不足してしまうので常に摂り続けなければならないビタミンです。特にビタミンCは熱などですぐに壊れてしまいます。

ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性ビタミンは脂質と一緒に摂ると吸収されやすいという性質があるので、油と一緒に調理するのが良いでしょう。水溶性ビタミンとは対照的に、脂溶性ビタミンは摂りすぎると体に蓄積されるので注意が必要です。

ビタミンの摂取量:1日に6.0㎎

ビタミンEに注目してみると、成人女性の摂取目安は1日当たり6.0㎎と言われています。授乳期間中の女性の場合はもっと必要になるので、さらに1㎎プラスして摂取すると良いでしょう。ビタミンEは脂溶性ビタミンで、ビタミンCのように、すぐに壊れたり、排泄されたりすることはありません。特にあん肝や魚卵などに多く含まれているのですが、これらの食品はコレステロールも高いため、たくさん摂取するのは危険。植物油やナッツ類にも含まれているのですが、これらは脂質が多いのでダイエットには不向きです。

そこで、野菜からビタミンEを摂取する方法がおすすめ。モロヘイヤは100gに6.5㎎、カボチャは100gに4.7㎎のビタミンEが含まれているとされています。モロヘイヤやカボチャを毎日食べるのが難しい人は、スムージーなどのドリンクやサプリメントでビタミンEを摂取する方法が良いですね。食事代わりに飲めるマイブレイクレッドスムージーなら摂取カロリーを抑えながらビタミンを含むダイエットに有効な成分が補給できるので、一石二鳥です。

マイブレイクレッドスムージー公式サイト